ラフィーシャンプーのコスパ(費用対効果)は?

ラフィーシャンプーのコスパ(費用対効果)は?

 

まず、コスパなんてどうでもいいからすぐに買いたいという人はこちらへどうぞ

 

 

 

 

ただ、急いでいる人や面倒な人以外はすぐ買うのはオススメしません

 

 

ラフィーシャンプーのコスパが良いのかどうか、理解してから買うほうが損をする可能性を低くできるからです。

 

 

コストパフォーマンスを気にしていて、貴重なお金を最も効果的に使いたいという人はこのまま読み進めてください。

コストパフォーマンスとは何か?

 

 

まず最初に、コストパフォーマンスとは、

 

 
費用(お金)に見合った効果(満足度)

 

 

どれだけ得られるかという意味です

 

 

 

例として、ここに2つのシャンプーがあります

 

Aというシャンプーは、
1,000円で購入できますが、使うと肌は荒れ、頭皮が痛み、髪はパサパサして、フケやかゆみが起きます

 

Bというシャンプーは、
10,000円で購入しますが、地肌の乾燥を防ぎ、髪に潤いを与え、フケやかゆみによる頭皮トラブルを防ぎます

 

 

 

あなたはどちらを使いたいですか?

 

 

私はAは使いたくありません

 

 

荒れるのが既にわかっているのだから、どんなに安くても使いたくはありませんね

 

 

 

では、コスパが良いのはBと言えるでしょうか?

 

 

良いと思える人もいるでしょうが、私には高価すぎて手を出しにくいです

 

 

でも待ってください

 

 

実は、AとBには他にも違いがあります

 

 

 

Aの容量は、1,000円で500mlです

 

 

Bの容量は、10,000円で1,000mlです

 

 

 

これだと、容量を同じにした時のBの価格は半額で済みます

 

 

 

実は、この2つにはさらに大きな要素があります

 

 

Aはシャンプーだけです

 

 

Bには、容量1000mlのトリートメントがセットでついてきます

 

 

 

では、ここまで読んだらAとBを比べてみてください

 

 

Aは、シャンプー100mlあたり200円です。

 

 

Bは、シャンプー&トリートメントで100mlあたり500円です

 

 

果たして、あなたはどちらの商品を買うでしょうか?

 

 

Aのほうが安いですが、使う価値はあるのでしょうか?

 

 

 

 

さて、上記の例は実話です

 

 

Aとは私が使用していた市販のシャンプーを指します

 

 

Bはラフィーシャンプーです

 

 

 

ラフィーシャンプーは
シャンプー、トリートメントが各4,800円で合計9,600円します。

 

ですが、両方とも1000mlと大容量であり、

 

セットで購入すれば、より効果が増すでしょうし、なんと9,600円が

 

 

7,200円(2,600円引き)となります

 

 

上記のAとBの例に置き換えるなら、

 

 

 
市販品はシャンプー100mlあたり200円です。

 

 

 
ラフィーはシャンプー&トリートメントで100mlあたり360円です

 

 

 

ここまでくると差はほとんどありません

 

 

が、

 

 

必要なところにお金を使わず、少しの費用を節約したがために失敗して何度も買いなおす……

 

 

それは節約ではありません。

 

 

損失です

 

 

 

必要なものは最初から少しだけ費用がかかってでも手に入れる

 

 

 

長期的に見れば間違いなく節約になると、私は思います