ラフィーシャンプーにはどんな成分が入っているの?

ラフィーシャンプーに入って『いない』成分とは?

 

 

他のシャンプーと比べる上で、成分って気になりますよね

 

ここでは、ラフィーシャンプーの特徴となっている成分について、

 

どんな成分が入っているのか?

 

ではなく、

 

どんなものを避けて安全にこだわったのかをご紹介いたします

 

ラフィーシャンプーの成分って何がすごいの?

 

 

ラフィーシャンプーの主な要素はこちら

 

 

 

肌に優しいシャンプーはどのような成分を避けたのかを解説していきます

 

 

 

石油系界面活性剤とは?

 

 

洗浄力に影響を及ぼす要素で、水と油のように本来は混ぜ合わせられないものを合わせるなどが界面活性剤の役目です。

 

 

では、石油系の界面活性剤は何が良くないのか?

 

 

それは、洗い流しにくいことです。

 

 

本来、界面活性剤は汚れを落とすと同時に肌を守る組織にも影響を与えるのですが、すぐ洗い流せるために大きな問題は無いようです。

 

 

しかし、石油系界面活性剤は残りやすく、肌を守る組織に大きな影響を与えてしまうようです。

 

 

 

合成着色料は何がいけないの?

 

 

これは、「合成」というだけあって、科学的に合成した着色料で、モノによっては肌荒れなどの原因になりやすいです。

 

 

食品にも使用されることもありますが、シャンプーに利用されるものは食品より危険なものが多く、市販のシャンプーが鮮やかな緑や青色だった場合、この合成着色

 

 

料が入っている可能性があります。

 

 

最近では見かけなくなりましたが、タール系色素と呼ばれる合成着色料などは特に有害とされているようです。

 

 

 

防腐剤・合成香料を使わない無添加

 

 

こだわりぬいたシャンプーだからこその無添加で、こどもにも使えるほど安全な品質が実現したようです。

 

 

 

ノンシリコンって?

 

 

そのままの意味で、シリコンが入っていないということです。

 

 

シリコンが入っているシャンプーは、コーティング能力はあっても髪を補修する力がほとんど無いために髪を痛めると言われています。

 

 

ちなみに豊胸に利用するシリコンとは別のものです

 

 

 

ラウリル硫酸Naってなに?

 

 

石油系界面活性剤と呼ばれるものの一種で、刺激が特に強いようです

 

 

肌荒れの原因にもなりやすく、薄毛が気になる人などは避けるべきものでしょう。

 

 

過去には多くのシャンプーで使用されていたようで、現在でも市販のシャンプーなどでは使われているようです。

 

私がよく頭皮が痛くなっていた市販のシャンプーを見たら思いっきり入っていました

 

あなたの家のシャンプーは大丈夫ですか? 今すぐ確認してください!

 

 

 

もしラフィーシャンプーをお試ししてみたいという人がいれば以下へどうぞ

 

ラフィーシャンプーをお試しで使いたいんだけど?