アトピーでもラフィーシャンプーが使える4つの理由とは?

アトピーでもラフィーシャンプーが使える4つの理由とは?

 

アトピーや敏感肌なんだけど、ラフィーシャンプーって使っても大丈夫?

 

という人のために、この記事ではラフィーシャンプーの安全性について書いています。

 

ラフィーシャンプー

 

ここを読まずにシャンプーを選ぶとかぶれたり痛みが起きる可能性が高くなります。

 

アトピーや敏感肌の人は必ず読みましょう。

 

 

 

ラフィーシャンプーはアトピーでもOK?

 

ラフィーシャンプーは、アトピーや敏感肌でも使えます

 

赤ちゃんにも推奨されているくらい肌に優しいシャンプーです。

 

 

 

理由は主に4つです。

 

ノンシリコン

泡

シリコンは髪をコーティングする目的などで使われる成分ですが、毛穴を塞いだり、頭皮の表面を荒れさせる原因となる場合があります。
稀にですがシリコンでかぶれる人もいるため、敏感肌の人にはオススメできる成分ではありません。

 

幸い、ラフィーシャンプーにはシリコンが含まれていません。

 

 

防腐剤不使用

防腐剤

シャンプーも水が主成分ですから腐る場合があります。
そのために化学的な合成防腐剤を入れることが多いのですが、合成防腐剤は敏感肌やアトピーの人は、かぶれることが多いです。

 

ラフィーシャンプーでは合成防腐剤の代わりに天然素材のみで防腐対策を施しているようです。
肌に悪影響を与える合成成分が配合されていませんので、赤ちゃんでも使えるということなのでしょう。

 

 

 

石油系洗浄剤無し

石油系洗浄剤

市販されているほとんどのシャンプーには、強力な刺激を与える成分が含まれています。
「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」というのが代表的な例で、シャンプーボトルの裏面にこれらの成分が含まれていた場合、アトピーや敏感肌の人は高確率でかゆみやかぶれを起こすことでしょう。

 

ラフィーシャンプーは肌に優しい成分にこだわっているそうで、こういった刺激が強い成分は含まれていません。

 

 

 

赤ちゃんでも使える無添加

赤ちゃん

 

市販のシャンプーのほとんどが、合成成分が含まれていて赤ちゃんには適していません。

 

ラフィーシャンプーは赤ちゃんにも使える成分を取り入れた結果、合成成分無添加による天然成分で作られています。
肌に優しく、使っている人のことを考え抜いたシャンプーとして、市販のシャンプーとは一線を画しているということでしょう。

 

今まで市販のシャンプーを使っていてかゆみやフケ、かぶれが起きていたのなら、この機会にラフィーシャンプーに交換することをオススメします。

 

 

 

アトピーでも使えるラフィーシャンプーまとめ

 

アトピーや敏感肌でもラフィーシャンプーが使えるのは、

 

 

  • ノンシリコン
  •  

  • 合成防腐剤なし
  •  

  • 石油系の洗浄剤がなし
  •  

  • 赤ちゃんでも使える無添加成分

 

というわけです。

 

 

 

アトピーの人は、ラフィーシャンプーを使う前に腕に付けてみてテストをすることをオススメします。

 

基本的には問題ないはずですが、予想しない成分が炎症を起こす可能性もありますので、頭皮に付ける前に一度確認してみると確実性が増します。

 

パッチテスト

 

 

買うのなら安い方が良いですよね。

 

ラフィーシャンプーを安く買いたいのなら、【特報!】ラフィーシャンプーを最安値で買う方法が3秒でわかる!をご覧ください。