ラフィーシャンプーだけでフケを減らせない7つの理由とは?

ラフィーシャンプーだけでフケを減らせない7つの理由とは?

 

フケが出ると、服に付いて不潔に見えてしまいます。

 

ラフィーシャンプーでフケを減らすことは可能です。

 

ラフィーシャンプー

 

しかし、無くすことはできません。

 

この記事では、ラフィーシャンプーを使ったうえでフケを減らすために何をするべきかをお話します。

 

ラフィーシャンプーの使用を前提としたお話となりますので、フケを本気で減らしたいのなら、これらを実践したうえでラフィーシャンプーを使いましょう。

 

 

 

 

フケの7つの原因?

 

フケが出る原因を特に重要と感じる物を7つピックアップしました。

 

フケに悩む人は、これらを対策することで悩みを解消できることでしょう。

 

 

 

カラーやパーマが悪い

 

カラーやパーマ

 

頭皮を強く刺激するとフケが増えやすくなります。
カラーやパーマ、ブリーチなどがフケの原因となることがあるのです。

 

とはいえ、どうしても必要な場合も多いでしょう。
カラーやパーマ、ブリーチなどをする場合は、使う量や色を控えめにして頭皮へのダメージを減らすようにしましょう。

 

 

 

頭の洗いかた

 

髪の洗い方

 

特に重要なのが髪の洗い方です。
髪を洗うときに爪を立ててゴシゴシと洗ったり、熱いお湯を使うのはやめましょう。
ぬるま湯で、指の腹を使ってマッサージするように洗うことで頭皮に及ぼす影響を最小限にすることができます。

 

使うシャンプーも重要で、市販のものはほとんどが刺激が強い成分で作られています。
ラフィーシャンプーのようなアミノ酸系シャンプーという、頭皮に優しいシャンプーを使いましょう。

 

 

 

乾燥のさせ方

洗髪後の乾燥方法もフケの主な原因です。

 

自然乾燥させてしまうと頭皮の菌が増殖してしまい、かゆみやフケを悪化させます。
乾燥させるときは、ドライヤーを使って頭皮と髪の両方を完全に乾かすようにしてください。

 

 

 

タオルや枕カバー

タオルや枕カバーは頻繁に洗っていますか?

 

タオルは毎日取り換えて、枕カバーも1週間以上は使い続けないようにしましょう。
特に枕カバーはフケや老廃物がたまりやすい上に、毎日数時間は頭を乗せることになります。

 

頭皮から落ちたフケが枕カバーに残ったまま使うと、せっかく洗った頭皮にまたフケが戻ってしまうかもしれません。

 

 

 

紫外線

 

紫外線

 

紫外線も侮れません。
頭皮に刺激を与えるという点で、紫外線はフケの原因となります。
外出するときは帽子をかぶるなどして紫外線対策は忘れないようにしましょう。
紫外線は肌にも悪いというのは有名ですよね。

 

 

 

ストレス

ストレスをため込むことで頭皮環境が悪化してフケが増える場合があります。
ストレスの原因は様々ですが、解消方法としては、遊ぶ、ジョギングなどの運動、安眠をとるなどが対策となります。

 

 

 

季節

 

雪うさぎ

 

冬は空気が乾燥するため、フケが増えやすい時期です。
乾燥を防ぐには、保湿成分に優れたシャンプーを使うという方法があります。

 

ラフィーシャンプーは刺激が少なくて保湿にも優れたアミノ酸系シャンプーですので、冬に使うシャンプーとしては望ましいと考えられます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

フケ対策をまとめると、

 

  1. カラーやパーマを控える
  2. 頭皮の洗い方を見直す
  3. シャワー後に頭を自然乾燥させない
  4. タオルや枕カバーは頻繁に洗う
  5. 紫外線を防ぐ
  6. ストレスを解消する方法を見つける
  7. 冬は保湿成分が高いシャンプーを使う

 

 

この7つとなります。

 

いくつかを解決する上で、刺激が少なく保湿性が高いシャンプーを使うというのは重要です。

 

ラフィーシャンプーであればその条件を満たしていますので、興味があればご確認ください。

 

ラフィーシャンプー

 

 

ラフィーシャンプー公式